2016-09-24 09:15:00

読書記録をつけ始めました

[トップページ] > [雑記] > 読書記録をつけ始めました

本を読んでもすぐに内容を忘れてしまうじゃないですか。

小説や技術書ばかり読んでいた頃はそれでも大丈夫でした。小説は読んでいるときだけ楽しければそれで良く、技術書の本当に大事なところは実践を通じて覚えられるからです。ところが、最近はハウツー的なものを読み始めていて、それについては要点をきちんと押さえていかないと読む意味がありません。

そこで、しばらくは手元に読書メモをつけていました。しかしそれはどうしてもいい加減になってしまうんですね。「自分だけわかればいい」「あとで整えればいい」と思っていると、結局のところ「整ってない上に自分でも何を言っているのかよくわからない」メモばかりが残ることになります。それでは結局全然意味がない。

ならば第三者に見せる形で書いてみてはどうだろうか。その読書メモが本当に第三者にとって価値があるかはともかくとして、見せられる程度には整ったメモができあがって、それは少なくとも自分にとっては有用なはず。

というわけで、このウェブサイト内に読書記録のページを設けました。

皆様は「なんだこのページは、完全に自分自身のためのメモじゃないか、チラシの裏にでも書いておけ」と思われるかもしれませんが、上記の意図を持って設置するものです。宜しくお願いいたします。

[トップページ] > [雑記] > 読書記録をつけ始めました


Cpyright (C) 2014-2016 Hiroharu Kato. All Rights Reserved.