2016-10-28 23:59:00

進捗報告

[トップページ] > [雑記] > 進捗報告

しばらく進捗報告を書いていませんでした。

「何にどれだけの時間を費やしたのか」だけでも、きちんと書くのはなかなか難しいです。本を読むなどのタスクなどだと時間が明確なのですが、実装で関連研究を調べながら書いていると、どこまでが実装でどこまでが先行研究調査なのか、よくわからなくなります。さらに合間に作業効率改善のための細かな作業が入ったりします。他人とのディスカッションも入ります。結果として「何にどれだけの時間を費やしたのか」がうまく書けず、進捗報告を書きたくなくなります。

そのあたりの厳密な時間管理は諦めて、もう「研究」で一括りにしてしまおうと思います。


コンピュータグラフィクスを勉強したくなり、しかし何から始めたらいいかわからず、教科書だろうか学会のチュートリアルだろうかと当たって、海外の大学の授業のスライドを読むことにしました。というわけで UC バークレーの Computer Graphics & Imaging という講義の勉強をしています。(勉強メモ。

そもそも、コンピュータを始めたきっかけはゲームが作りたかったからでした。

小学生の頃にゲーム雑誌で見かけた「RPGツクール2000」を親に頼んで買ってもらい、それではアクションゲームや 3D ゲームが作れないことがわかり、プログラミングというものをすれば良いということで中学生の頃に Delphi や DirectX を触り、しかし 3D に必要なベクトルや行列演算が中学生にはわからず、そこで諦めていたのです。(その後 DeNA 社のインターンで JavaScript で簡易3Dゲーム作成ライブラリを作ったりはしました。)

小学生の頃にゲーム雑誌で「今度のゼルダ(※「時のオカリナ」のこと)は水の表現がすごい」「光と影にこだわっている」など開発者インタビューで読んで、将来はこういうことができる人になりたいと思ってコンピュータを触ってきたわけです。しばらくそういうことから遠ざかっていたけれど、今はそういうことに取り組める良い機会かもしれない。


[トップページ] > [雑記] > 進捗報告


Cpyright (C) 2014-2016 Hiroharu Kato. All Rights Reserved.